30代の男性が発する明確な脈ありサイン

結婚相談所のアネ婚 » アネ婚ニュース » 30代の男性が発する明確な脈ありサイン

気になる男性ができたとき「この人は私に好意を持ってくれているのかな?」と考える女性は多いはずです。

10代~20代の若いころであれば「LINEの返信が早い」「デートの頻度が多い」といった部分から、脈がありか否かを判断することもできます。 しかし、仕事や趣味に忙しくなりがちな30代では、脈ありサインも若いころとは少し異なってくるもの。

この記事では、女性たちに見逃さないでほしい「30代男性が出す脈ありサイン」について紹介します。

30代の男性が出す脈ありサイン5つ

30代の男性が出す脈ありサイン5つ

まずは30代の男性が出す、脈ありサインを5つ紹介していきます。気になる彼に当てはまるサインがあるかどうか、チェックしてみましょう。

30代男性の脈ありサインその1:連絡がマメになった

30代になると、仕事などで多忙な日々を送っている男性も多いです。ただ、そんな中でもマメに連絡を返してくれるのは、脈ありのサインといえるでしょう。

連絡頻度は、その人のライフスタイルや性格によってもまちまち。しかし、出会った当初よりも、徐々に連絡頻度が上がっているのであれば、彼があなたに惹かれつつある証拠のはずです。

彼は「この人のことをもっと知りたい」「この人ともっと親密になりたい」そんな思いから、連絡のペースが上がっていると考え、彼の脈ありサインに応えていきましょう。

30代男性の脈ありサインその2:デートをリードしてくれる

気になる人の前では、少しでもいい自分を見せたい。そんな思いは、男女ともにあるものです。特に男性は、気になる女性にいい自分を見せたい気持ちから、デートを積極的にリードして格好つけようとする傾向にあります。

男性は年齢を重ねるごとに、女性から多くの経験や知識、経済力を求められがち。だからこそ、気になる女性によい印象を持ってもらうために、自分の経験・知識・経済力などをアピールできるよう、デートをリードするのです。

「いつも率先してデートの日程を組んでくれる」「いつもデートプランを決めてくれる」など、デートを積極的にリードしてくれる場合は、脈ありサインと考えていいでしょう。

30代男性の脈ありサインその3:食事やデート代を奢ってくれる

30代男性の脈ありサインその3:食事やデート代を奢ってくれる

先にも解説した通り、男性は気になる女性に対して自分の経済力などをアピールして、いい格好をしようとする傾向にあります。そのため、食事やデート代を奢ってくれるかどうかも、脈ありサインのひとつです。

毎回デートにかかるお金をすべて奢ってくれるわけでなくとも「カフェ代などちょっとした金額はすべて出してくれる」「お祝い事やイベントのときだけ奢ってくれる」といった男性も、少なからずあなたに好意を持っている可能性が高いですよ。

30代男性の脈ありサインその4:友人や家族の話をする

30代になると、若いころよりも将来について考える機会が多くなります。「お付き合いをするなら、結婚も考えたい」といった男性もかなり多いため、脈ありの場合、自然と会話の内容がプライベートな内容になりがちです。

友人や家族の話など、プライベートな話を多くしてくれる男性は、あなたに興味を持っていると考えられます。また、もしも「友人と会うんだけど、君も来ない?」などと友人や家族に会わせてくれる場合、かなり脈ありと判断してOK。

こちらから聞かなくとも家族や友人の話をしてくれるか。また、友人や家族に会わせようとしてくれるかどうかは、脈ありを判定するための大きなサインのひとつですので、見逃さないようにしてくださいね。

30代男性の脈ありサインその5:悩みごとを相談してくる

男性は気になる女性に対して格好をつけたがる一方で、気になる女性には自分の弱さやダメなところについても、誰よりも理解してほしいとも考えます。

特に30代の男性は、それなりに「大人」なために、職場でも仲間内でも弱い自分を見せられないことが多いです。そのため、心を許した女性に対しては、自分の弱みまでをさらけ出して「本当の自分を理解してくれる女性かどうか」を見極めようとするのです。

ちょっとした悩みごとを相談してきたり、ときには落ち込んでいる様子を見せてきたりする彼は、あなたに心を許しているといえます。

奥手な男性のサインは見逃しやすい

ここまで30代男性の脈ありサインを紹介してきましたが、奥手な男性の場合、紹介したような脈ありサインを見せてくれないケースが少なくありません。

次は、「恋愛経験が少ない」「恋愛に消極的」といった、奥手な30代男性の脈ありサインについてご紹介していきます。

奥手な男性の脈ありサインその1:話した内容を覚えている

いつもあなたの話に耳を傾けて、その内容を覚えていてくれる。そんな男性であれば、積極的にデートをリードしてくれるなど、わかりやすい脈ありサインがなくとも、あなたに好意を持っている可能性が高いです。

自分でも話したことを忘れていたような、些細な話題も覚えていてくれているようであれば、それだけ彼があなたに興味や関心を寄せてくれている証拠。彼の密かな脈ありサインをキャッチして、距離を縮めてくださいね。

奥手な男性の脈ありサインその2:たくさん質問をしてくる

気になる相手のことを深く知りたいと思うのは、ごく自然な気持ち。奥手な男性にもこうした気持ちはあるものの、その気持ちをうまく表現することができないケースが多いです。

女性とのコミュニケーションに慣れていないこともあいまって、会話がまるで面接のような質問責めになってしまうことも……。しかし、これはあなたのことを深く知りたいと考えている脈ありサインのひとつなので、やさしい気持ちで受け止めてあげてくださいね。

奥手な男性の脈ありサインその3:趣味や興味を取り入れる

気になる人の趣味や興味に関心を寄せる人は多いですが、特に奥手な男性は、気になる女性の趣味や興味を積極的に取り入れる傾向にあります。

奥手な男性は女性との会話や、女性へのアプローチが上手ではない分、何かしらの共通点を作ったり体験を共有したりして仲を深めようとするためです。

あなたが「面白いよ」と言った映画やアニメを見てくれる、あなたが「おいしいよ」といったお店に足を運んでくれる。そんな行動をする彼は、脈ありサインが出ているといえるでしょう。

30代男性の脈ありサインを見逃さないで

30代男性の脈ありサインは、10~20代の若い男性よりも分かりづらいものが多いです。

中でも、奥手な30代男性は脈ありサインの見極めがひときわ難しいため、些細なサインを見逃さないよう注意が必要。今回紹介した脈ありサインを参考に、彼が出すサインを見逃さず、素敵な恋愛を叶えてくださいね。

Content

今すぐ来店予約をしよう!

電話で問い合わせる

Copyright © 東京中目黒の結婚相談所【アネ婚】《公式》