30代で結婚しない男たちのリアル

結婚相談所のアネ婚 » アネ婚ニュース » 30代で結婚しない男たちのリアル

まわりに既婚者が増えることから、30代になり結婚を意識する人は多いですよね。しかし、中には30代になっても、あえて「結婚しない」選択をする人も。

この記事では、結婚しない30代男性の心理や特徴についてご紹介します。

結婚しない選択をしようとしている男性はもちろん、彼氏から「結婚したくない」といわれて悩んでいる女性はぜひ参考にしてくださいね。

結婚しない30代男性たちのホントのところ

結婚しない30代男性は、どのような考えを持っているのでしょうか。

ここでは、結婚しない30代男性の考えや、30代男性が結婚しないことを選択する理由などをご紹介します。

結婚しない30代男性の考え

結婚しない30代男性の多くは、そもそも結婚願望が薄く、結婚に対してマイナスなイメージを持っている傾向にあります。

結婚をすると、独身時代と同じような時間やお金の使い方はしづらくなります。そのため、結婚をすることで自分の趣味や仕事が制限されるなど、自由が奪われるように感じている男性は少なくありません。

最近は共働き世帯が増えているものの、いまだに「結婚をしたら男が家計を支えなければ」という責任感を感じている男性も多いです。そうした責任感は、ときにプレッシャーとして、男性に重くのしかかってしまいます。

また、一人暮らしが長い男性になると、自分の生活リズムが変わることに抵抗感を覚え、他人との共同生活がわずらわしく感じる場合も。

このように、さまざまな面から30代男性は「結婚しないで独身のまま生きたほうが気楽だ」と考えるのです。

とはいえ、「何があっても絶対に結婚したくない」と考えている男性はそれほど多くありません。

結婚しない30代男性は、多くの場合「結婚しないほうが気楽」とは思いながらも、どこかで一生を独身で終えることへの不安や寂しさを抱えています。

結婚に消極的な男性でも、「相性のいい人がいて、タイミングが合えば結婚したい」と感じているのです。

30代男性の未婚率が上がっているのはなぜか

一昔前までは、30代では結婚をしている人がほとんどでした。しかし、30代の未婚率は年々上昇しています。

実際、内閣府の調査によると、1985年の30代男性未婚率は30代前半男性で約30%、30代後半男性で約15%でした。しかし、2015年の未婚率は30代前半男性で約50%、30代後半男性で約35%にまで跳ね上がっています。

こんなにも未婚率が上がっているのには、生き方の多様化が進んでいることや、金銭的な余裕が失われていることなど、さまざまな要因があります。

ただ、多くの人が「結婚だけが幸せではない」といった考えを持っているからこそ、未婚率が上がっているのだと考えられます。

近年急増している「ソロ男」という存在

「結婚だけが幸せではない」そんな価値観が一般的となるなかで、「ソロ男」と呼ばれる存在が急増しています。

ソロ男とは、「結婚をしていない男性」を指す言葉です。ただし、結婚をしていない男性の中でも、以下のように「あえて結婚しない選択をした男性」のみがソロ男と呼ばれています。

  • 束縛されずに自由に過ごしていきたいと考えていること
  • 一人で過ごす時間を大切にしたいと考えていること
  • 実家を出て一人暮らし(またはルームシェア)をしていること
  • 定職に就いており、親などに金銭的な依存をしていないこと

上記の通り、問題なく結婚できる条件やライフスタイルでありながらも、自らの意思で結婚をしていない男性だけが「ソロ男」なのです。

こうしたソロ男の存在が増加し、その存在が一般に認められているのは、結婚だけが幸せではないということが、ひとつの事実である証なのかもしれません。

それなりの年齢なのに結婚していない男性は何か問題がある」などといった価値観は、現代ではもう廃れた価値観といえるのでしょう。

結婚しない30代男性の種類

ソロ男と呼ばれる結婚しない30代男性には、いくつかのタイプが存在します。

ここからは、そんなソロ男の種類をご紹介。結婚に消極的なソロ男とお付き合いなどをしている女性に意識してほしいポイントも解説します。

(1)独身貴族型

独身貴族型のソロ男は、自分の趣味や仕事に生きるのが忙しく、結婚せずに自由に過ごすことこそが至高と考えているタイプ。以下のような特徴に当てはまる男性は、独身貴族型ソロ男といえるでしょう。

  • 結婚という契約に縛られたくない
  • 仕事や趣味が楽しくて仕方ない
  • 自分の生活スタイルが確立しており、他人に乱されたくない
  • 一人の時間が忙しく恋愛や結婚どころではない

一見、結婚にはまったく向いていない独身貴族型ソロ男。

しかし、本当は結婚願望がありながらも「自分は一人の生活に満足している」と強がることで、プライドを保っているケースもあります。そのため、自分の彼氏が独身貴族型ソロ男であるからといって結婚を諦めるのは早いかもしれません。

(2)リスク回避型

リスク回避型ソロ男は、金銭的な不安を感じていたり、結婚までのプロセスを重荷に感じていたりすることから、結婚を避けているタイプです。リスク回避型ソロ男には、以下のような特徴があります。

  • 収入が世代平均かそれ以下であり、不安がある
  • 新しいことにチャレンジをするのが苦手
  • 自分一人の生活を維持するのに精一杯
  • 物事を深く考えすぎる

リスク回避型ソロ男は、結婚に対して不安感やマイナスイメージを抱いているために、長く交際している彼女がいても結婚には踏み切れません。ただ、彼女が自分の不安やマイナスイメージを払拭してくれた場合、一気に「結婚したい」と意識が高まるケースが少なくないでしょう。

(3)恋愛不適合型

そもそも結婚や恋愛に興味がない、または結婚や恋愛を苦手と感じているソロ男は、恋愛不適合型ソロ男に当てはまります。そんな恋愛不適合型ソロ男が持っているのは、以下のような特徴です。

  • 結婚や交際が面倒くさいと感じる
  • 結婚をするメリットがわからない
  • 結婚をするまでにはさまざまな壁があると感じる
  • 一人の女性と長く交際した経験がない

恋愛不適合型ソロ男には、「結婚は面倒くさいもの」「誰かと一緒にいるのは大変なこと」といったイメージが強く根付いています。そのため、女性側がその価値観を覆すのはなかなか難しいかもしれません。

ただ、交際するなかで「誰かと過ごすのは楽しい」「思っていたより面倒事が少ない」と感じさせることができれば、結婚に前向きになってもらえる可能性がありますよ。

Content

今すぐ来店予約をしよう!

電話で問い合わせる

Copyright © 東京中目黒の結婚相談所【アネ婚】《公式》