30代で結婚できない女性とは

結婚相談所のアネ婚 » アネ婚ニュース » 30代で結婚できない女性とは

30代女性の未婚率は30%前後

2015年の国勢調査によると、30~34歳女性の未婚率は33.7%、35~39歳の女性は23.3%という結果が出ています。いずれも3人に1人、4人に1人が未婚という統計結果。近年は女性の社会進出が進み、平均初婚年齢は徐々に高くなっているのです。

言い換えれば、34歳から35歳あたりにかけて10%ほどは結婚しているとも言えます。30代でも結婚している人がいるなかで、結婚に結びつかない方もいる理由は何でしょうか。

30代女性が結婚できないと思われている理由を見ていきましょう。

30代女性が結婚できない理由

(そもそも)恋愛していない

30代女性の未婚率をご紹介しましたが、実は未婚女性のうち約60%が恋愛していないという統計も出ています。すなわち、結婚以前に恋愛をしていない可能性が高いのです。

30代となると、周囲の男女ともに結婚している人が増え、少し気になる人ができても既婚者だったというシチュエーションも多くなるでしょう。30代に入ったタイミングで彼氏がいない場合、そもそも恋愛相手を見つけるというハードルが高いのかもしれません。

もちろん婚活サービスやお見合いなど、結婚を前提に出会う方法が現在はたくさんあります。そのため結婚を前提に出会いを求める方法を駆使することで恋愛はしやすいのかもしれません。

ただ、しばらく仕事に打ち込んできた人なら、アクションを起こすハードルも高くなってしまっているのではないでしょうか。

理想が高くなっている

これまでの恋愛で養った経験はもちろん、30代で結婚していない女性の場合、精神的にも経済的にも自立している場合がほとんど。

無意識のうちに理想が高くなっている可能性があります。「自分より稼いでいる人が良い」「自分よりいい家に住んでいる人が良い」「自分より出世している人が良い」など、「自分より」を望みすぎてしまっているのではないでしょうか。

一般的に30代女性が理想とするとされる男性像は「大卒」「年収500万円以上」「身長170cm以上」「正社員」といった外見や仕事面のスペック。

ほかには、将来を考えて「長男以外であること」「実家が遠いこと」など、家庭の細かい点を挙げる人は想像以上に多いものです。

理想の男性は社会には多くない

自立している女性にとって「正社員」であることや「年収500万円以上」であることは当然のことなのかもしれません。しかし、実際のところこのような男性は世の中には多くありません。

例えば「年収500万以上」という数字は、20代であれば10%程度、30代でも30%程度です。一定の成功者しか手に入れることができない金額で、当たり前に手にしているとしたら自身が少数派であることに気付くべきです。

30代でも30%程度ということは、3人に1人程度という計算になり、そのうちの複数名が結婚しているというケースは容易に想像できます。

30代になって、理想とするいい人に出会える確率がそもそも低くなっていることや、市場に存在していないことが良く分かるでしょう。

条件が譲れなくなっている

市場に少ない層を追い求めているにも関わらず、先に挙げたような条件を3つ程度、絶対に譲れないと思っている方は多いのではないでしょうか。

3つという数はもちろんですが、「何かを譲れない」という思考のもとでは結婚できない可能性は高くなります。

相手の価値観など、これまで歩んできた人生の中で形成され、現時点で変えられないものが合わず、お付き合いに至らないというケースは仕方ないでしょう。

しかし年収や外見など、スペックのようなものは現時点ではあったとしても、数年後になくなってしまう可能性はゼロではありません。

物質的な満足度を追い求めすぎてしまうと、その条件ばかりに固執した結果、結婚できそうな自身の年齢すら逃してしまう可能性があります。なぜその条件を譲れないのか、本当に譲ることができないのかを今一度検討してみることが大切です。

自分自身に原因があるのかも

30代で結婚できない女性の場合、自分のことはまるっと棚に上げてしまっている方は少なくないのではないでしょうか。多少耳が痛いと感じるかもしれませんが、本当に結婚したいのであれば、今一度自身の言動にも目を向けて見るべきです。

男性も「自分中心」の女性は苦手

男性が探しているのは結婚相手となる女性。そのため自分中心主義の女性は結婚相手としてふさわしくないと考えるのはある種当然のことです。

性別を反対にして考えて見ると、ご自身も同様のことをされている場合が多いのではないでしょうか?

自分の思い通りにことが進まないと、つい不機嫌になっていませんか?「仕事で頑張っているから」「普段は我慢してるから…」など、色々な言い訳があるかもしれません。しかし男性にとって、「普段」の側面は目に見えない部分です。

いずれそのような部分を見せていくのは良いかもしれませんが、最初からそのような態度では上手くいかないのは当然でしょう。相手への思いやりを忘れないよう、日頃の言動に気を付ける必要がありますね。

見た目は華美すぎないか?

男性は華やかな女性の方が好きだと思っているかもしれませんが、交際相手、また結婚相手となると話は別です。華美な見た目は「遊んでいる」「落ち着きがない」と思われてしまっても仕方ありません。

お洒落をしたい、楽しみたいといった気持ちゆえに見た目を着飾っているかもしれませんが、年齢に見合っているか、TPOに見合っているかは今一度意識する必要がありそうです。

経済力はあるか?

経済力というよりも、自身の身の回りのことを自分のお金で解決できているか、と考えるのが良いでしょう。

お酒など、身にならないことに日々お金を浪費していないか、貯金はあるかなど、経済面でも年相応の対応が求められるため注意が必要です。

結婚相手が大金持ちで、自身が働かなくても良いようにしたいと考えている方は「いずれ白馬の王子様がやってくる」という話と同じくらい夢見がちな話であることを自覚してください。先にもお伝えしたように、年収500万円を超えている30代男性は30%程度しかいません。

自身で稼いできた額を養ってもらいながら、以前と同じような働き方ができるようになるというのは大きな間違いです。まずは自分の現時点での様子と、理想を明確にしていくことから始めましょう。

何も行動していない

実は1番多いのが「結婚したいとは思っているものの何もしていない」人たちです。

結婚したいと思っていて、待ちの姿勢でいませんか?20代のうちは待ちの姿勢でも出会いがあったかもしれませんが、30代にもなると待ちの姿勢だけでは良い出会いを期待するのは難しいでしょう。

30代女性は自らアクションをしていかなれば、理想の出会いにつなげていくことは難しいと言えます。

婚活サイトやアプリで出会いを求めてみる

とはいえいきなりお見合いや、結婚相談所へ行くのは抵抗があるという方もいるかもしれません。そのような方は、婚活サイトやアプリで出会いを求めて見るのもひとつの手段と言えるでしょう。

しかしやはり、男性は若い女性を好む傾向があります。そのため婚活サイトやアプリでも、思った以上に出会いが得られないかもしれません。

30代女性が出会いを求めるとなると、重要なのは戦略。自分自身で出会いを求めることに限界を感じたら、プロに相談してみるというのも、ひとつの選択肢と考えてみてください。

Content

今すぐ来店予約をしよう!

電話で問い合わせる

Copyright © 東京中目黒の結婚相談所【アネ婚】《公式》