30代が結婚するまでの期間は?

結婚相談所のアネ婚 » 婚活・恋愛コラム » 30代が結婚するまでの期間は?

30代の男女が付き合うとして、結婚までの期間はどれくらいなのでしょうか。30代前半、後半で交際期間は異なりますが、一般的な交際期間を紹介しましょう。

30代は付き合って1~2年の交際期間で結婚

30代前半のカップルの場合、一般的な交際期間とされているのは1~2年。この数字はあくまでも結婚を望む場合であり、お付き合いのみを継続していきたい場合や、結婚相手ではないと判断する場合にはもう少し長い期間を見る場合もあるでしょう。

しかし30代に入ると、いわゆる「結婚適齢期」と呼ばれる年齢。長く交際したものの、結局別れてしまったということにならないよう、早めの期間で見極めを行う必要があるでしょう。

一方で離婚などに至らないためにも、交際期間で相手のことを見定めたいと考える人も多いのではないでしょうか。その上で最適な期間は1~2年と言えるでしょう。

20代の平均交際期間は3~4年

ちなみに30代でない場合、一般的な交際期間は3~4年と言われています。相手のことをよく知る期間として、3年程度は最低でも見るカップルが多いようです。

20代の場合、交際期間も2人だけの甘い時間として、有意義に活用するのが良さそうです。

交際し、結婚となると子供の面倒などを見る必要や、親の介護といった現実的な問題も生じるでしょう。したがって2人の時間を長く過ごしたいなら、早めに結婚するという手もあります。

30代後半であれば、なるべく早く

30代後半ともなると、1年未満で結婚に至る人も多いようです。

それまでの人生経験から「この人ならやっていける」というセンサーが若年層より働くことはもちろん、子供などを考えると時間の猶予はそこまで多くありません。そのためなるべく早めに結論を出すことが大切なようです。

実際に半年、3か月といったスピード婚をするカップルも多く、30代後半になれば交際期間は関係ないと言えるでしょう。

短い交際期間でも、結婚を決めるポイントは?

一見30代の1~2年での結婚という期間が短いように感じますが、実は最も結婚を決意する期間が多いのは1年なのです。

数字として節目の数字であることはもちろん、1年間の交際であれば相手のことはよく分かるといった考え方も多いようです。

逆に互いの信頼関係を密に構築したり、家族や友人へ紹介したいと考える場合には2~3年の期間が適切と言えるでしょう。相手の情報を網羅的に把握することができるため、自身はもちろん周囲も安心して結婚の後押しをできるようです。

結婚に至るまでに確認しておくこと

先の交際期間で結婚に至るためには、いくつかのポイントを事前に確認しておく必要があります。

家族構成はどうか?

実際に結婚するとなると、相手の家族構成も気になるところです。事前に確認しておきましょう。

両親はどこに住んでいるのか、兄弟構成はどうなっているのか、兄弟は結婚しているのかなど、事前にしっかりと確認しておくことが大切。

長男や長女の場合、家族のこともある程度考える必要があるでしょう。だからこそ早めに聞いておくことで、きちんと備えておくことが大切です。

経済力はどうか?

30代になれば、相手の経済力はある程度固まってきているのではないでしょうか。理想が高すぎるのはよくないですが、本当にそれで妥協できるのか、というポイントはしっかり見定めるようにしましょう。

ただし、あまりにも夢見がちな数字を出してしまっては、それが原因で結婚に至らないこともあるでしょう。きちんと現実を見据えた数字で納得することが大切です。

家族観はどうか?

子供は何人欲しいのか、どちらが働くのか、親と同居するのかなど、事前に確認できる点は確認しておいてよいでしょう。

もしも家族観が極端に合わない場合や、子供が欲しいのに子供が要らないという話をする場合、早めに確認をとっておくことが大切です。

30代の結婚は他の人との交際を見据えにくいからこそ、早めに不安は解消できるようにしましょう。

交際期間は人それぞれ

一般的な交際期間はあるものの、結婚に至る期間は人それぞれ。交際期間よりも、お互いが納得できるポイントを見つけることのほうが重要です。

Content

今すぐ来店予約をしよう!

電話で問い合わせる

Copyright © 東京中目黒の結婚相談所【アネ婚】《公式》